電子部品通販

おすすめの電子部品通販の選び方まず、目的を明確にすることです。1円でも安く買いたいのか?品質を優先したいのか?納期を優先したいのか?手間を掛けたくないのか?電子部品に限らず、通販で物を買うと言う行為には、考えなければならないことが意外とたくさんあります。例えばケースやつまみ等、回路図に記載されていない部品も意外と多いものです。きちんとリストアップして、買い忘れの無いよう、心がけて下さい。また、工具や消耗品も揃っているか確認しましょう。例えば、ハンダゴテのコテ台は、しっかりとした専用のものを使いましょう。灰皿を代用する等、コテをしっかり保持できない状態は思わぬ怪我をする恐れがあります。電子工作に限らず、作業は安全な環境を整えることが第一歩です。以下に、電子部品通販をどのように選べば良いかを解説します。

ケース1、自己使用等少数の場合。

アウトレット、限定品は自己使用がおすすめ自分が趣味で一つだけ作るのであれば、足が曲がったIC等、アウトレット品を活用するのもコストを抑える有効な手段ですが、完成品として量産する時に、生産性が悪くなったり、キットとして領布する場合、クレームに繋がるリスクがあります。電子部品通販専門店以外の選択肢にも注目!100円ショップ、リサイクルショップには意外なお宝が眠っていることもあります。総合通販サイトの品揃えも最近では無視できない存在です。メーカーやショップが通販サイトのセラーになっていたり、支店を出していることが多くなりました。工具や消耗品が専門店より安い傾向にあります。海外のセラーが日本のサイトに出店する事例も多くなりました。納期が掛かることを許容できれば、魅力的な選択肢になります。

ケース2、キットや完成品を領布するケース。

品揃えのいいお店送料は見逃せないコスト要因です。部品の調達先はなるべく少なくなるように、調達する回数も少なくなるようにした方が、コストを抑えられます。セカンドソース品や、特性の似た別の部品等、回路構成を含めて考慮したいところです。釈迦に説法とは思いますが、特にオーディオ回路の場合、オペアンプやキャパシターに特性が良い物や、名の知れたブランドを採用する事によって、大きな付加価値を生む傾向があるので、必ずしもコストカットが良い結果を生むとは限らない事に注意が必要です。まとめ買いできるお店よく使うパーツや消耗品はまとめ買いするのもおすすめです。リール買いすると、バラ売りの半分程度の単価で調達できることが多いです。税務署から余剰部品の在庫を資産にみなされる場合があるので、注意が必要です。納期の早い店製品が思いの外売れて、追加生産を掛けるときも納期がかかりすぎると予約のキャンセルというリスクが生じます。